『SAKURA(サクラ)』ハンカチの売上の一部を日本赤十字社へ寄付

2021年10月04日
    • press
    • products

フェイラージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川部将士)は、2021年2月1日~4月30日にて販売した『SAKURA(サクラ)』ハンカチの売上の一部を、新型コロナウイルス感染症対策を含む赤十字諸活動全般に役立てていただくことを目的に、2021年9月30日付で日本赤十字社に以下の金額を寄付いたしましたので、ご報告いたします。
私たちの想いに共感いただき、『SAKURA(サクラ)』ハンカチをお買い上げいただいた皆様のご協力に心より感謝いたします。
合わせまして、医療従事者をはじめ、感染拡大防止にご尽力されている皆様に深く感謝いたします。

寄付総額:¥2,899,380

『SAKURA(サクラ)』ハンカチは、2012年2月に東日本大震災復興支援商品として制作がスタート。
空一面をうす紅色に染めて、春を知らせる花の使者、さくら。満開の美しさ、散り際のはかなさ、風雪に耐えて、ほとばしる生命の輝き…。
多彩な表情に人生を重ね、時を超えて愛されている花をモチーフに、街にも心にも、かならず優しい春が訪れるように再生と復興の願いをこめています。以来、毎春、ドイツ人と日本人デザイナーそれぞれが手掛けたデザイン2種類を発表し、私たちの想いに共感してくださるお客様にお買い上げいただきました売上の一部を、日本赤十字社へ寄付し、東日本大震災をはじめ、様々な災害復興支援や赤十字諸活動全般へ役立てていただいております。
昨年2020年には、日本赤十字社より「金色有功章」を受章しました。「金色有功章」とは、日本赤十字社が行う業務に貢献した団体等へ贈られる賞であり、弊社の長年にわたる寄付を評価していただきました。

『SAKURA(サクラ)』ハンカチは、2022年春も発売を予定いたしております。詳細が決定いたしましたら改めてお知らせいたします。

【日本赤十字社への寄付実績】
<2012年>寄付金額:¥600,000/東日本大震災復興支援
<2013年>寄付金額:¥1,169,100/東日本大震災復興支援
<2014年>寄付金額:¥2,224,700/東日本大震災復興支援
<2015年>寄付金額:¥2,307,500/東日本大震災復興支援
<2016年>寄付金額:¥4,696,340/東日本大震災復興支援、平成28年熊本地震災害復興支援
<2017年>寄付金額:¥2,560,690/平成28年熊本地震災害復興支援
<2018年>寄付金額:¥2,560,690/平成28年熊本地震災害復興支援
<2019年>寄付金額:¥2,578,070/平成28年熊本地震災害復興支援
<2020年>寄付金額:¥3,286,030/令和元年台風第19号災害復興支援、赤十字諸活動全般
<2021年>寄付金額:¥2,899,380/赤十字諸活動全般
寄付金額合計:¥24,882,500


  • Twitter
  • LINE

この記事に関するタグ