フェイラーラバーが語るその魅力 モデル・田沢美亜さん

2020年04月01日
    • interview

フェイラーを愛用している素敵な女性に登場いただくこの連載。今回はモデルの田沢美亜さんが、お祖母様から受け継いだフェイラー愛について語っていただきます。


『ビューティフルハーモニー』
バッグ(ベージュ) 約30×39×10cm  税込10,450円(5月中旬発売予定)


祖母から受け継いだタオルをマイヴィンテージとして大切に愛用しています

(写真の商品は私物)*現在販売を終了いたしております

「子どもの頃から月に一度、祖母と一緒に日本橋三越本店に行くのが私の恒例でした。小さいころから百貨店に並ぶ上質なモノに触れられたことは、今の私の財産です。いつも祖母の行きつけの売り場を巡るのですが、その中のひとつがフェイラーで、私も20代半ば頃からその存在を意識しはじめました。コットン100%とは思えないほどの華やかなデザインと軽くて肌触りが良いというところが気に入っています。祖母は大判のタオルを2枚つなげてオリジナルでブランケットを作ったりするなど、とにかく日常の必需品として愛用していました。そして祖母がいなくなった今、父や私たち孫に引き継がれ、大切に使われ続けています。



「私はよく旅に出かけるのですが、その時にフェイラーのタオルを持参する事があります。理由はその心地良さと、扱いやすさ、そして使い続けても変わらない品質の良さといえます。加えてそれぞれに施された手の込んだ美しく印象的なシュニール織のおかげで、見知らぬ旅先でも、その柄が目に入ると、ふと自宅にいるような安心感を覚えることがあります。
時には祖母のイメージがよみがえることもあり、私にとっては郷愁を感じる心地良さを運んでくれる存在でもあります。」


昔から大事にされてきた“美意識”を次の世代に自然と繋げていきたい

お祖母様の形見を“マイビンテージ”として大切にしている田沢さん。2年前にカタログの仕事でフェイラーと再会し、新しい発見もあったそう。
「仕事のお話をいただきあらためてフェイラーについて調べたところ、ドイツの伝統工芸であるシュニール織を受け継いでいるブランドであることを知りました。そして私が祖母と一緒に見ていた頃より、アイテムも多彩に揃いブランドが進化していることを感じました。
私は今、日本各地に伝わる手仕事や日本人が大切にしてきた美的感覚を残し伝えていく活動をしています。日本には職人の技を活かした、美しく手の込んだモノたちがたくさんあります。丁寧に作られた一つ一つのモノたちはそれぞれにストーリーがあり、その製作過程そのものを愛し長く大切に使う、そしてさらに使用した人のストーリーを注ぎ込み、経年変化も楽しむ、そのスピリットを次の世代に繋いでいけたらという思いから始めた活動です。フェイラーは伝統を大切にしながらも時代に合わせてきめ細やかに開発や提案をし続け、次世代へと繋げている。その姿が、おこがましいようですが私の活動と重なっているような気がします」


インテリアに彩りがあるだけで暮らしが華やぎます

定番の人気デザイン『ハイジ』に森の仲間たちが加わった『ハイジフレンズフォレスト』がこの春に登場。
『ハイジ フレンズ フォレスト』
プティバス (アイボリー) 約75×75cm 税込15,950円
ハンカチ(アイボリー)約25×25cm 税込 2,420円
靴下(アイボリー)約11~12cm 税込1,760円


「祖母、父、そして私へと受け継がれたフェイラーですが、使い続けることによりその安心感や丁寧な仕事を実感しています。この感覚を私の大切な友人や子供達とも共有したいという思いもあり、おくるみにも使えるプティバスや靴下、巾着を贈ったりしています。フェイラーのシュニール織は、世界トップレベルの認証基準『エコテックス®︎スタンダード100クラスⅠ』を取得しているそうで、小さなお子さんへの贈り物にも安心です。
また、フェイラーには大人から子供までが喜ぶような多彩な柄のバリエーションがそろっていることも、勧めたくなってしまう理由の一つでもあります。
小さな子供向けの柄は本当に可愛いのでもっと多くの人に見てもらえたらなと思います」


旅好きの田沢さんが選んだ春夏の新作は?

「私が2020年春夏の新作から気になったのは、リーフのモチーフが印象的な『ビューティフルハーモニー』のメッシュバッグ。本来、シュニール織で表現したデザインをメッシュ素材にしたことで、また違った表情に。とっても軽くて折り畳めるので、ちょっと贅沢なエコバッグとして普段使いしたいと思います」

「旅好きの私がもう一つ選んだのは、同じくメッシュ素材のポーチ。軽くて機能性があり、しかもこんな美しいプリントが施されているポーチにはなかなか出会えません! 同デザインのペールブルーのタオルも揃えて、旅アイテムの定番にしたいです。
そうそう、今朝この取材に出かける間際に知ったのですが、夫の母もフェイラーファンだったようで、実家にはバッグやタオル、キッチンマットなどがあり彼にとっても思い出のブランドだったみたいです。
思いがけず、夫婦それぞれに、忘れえぬ思いがあるということを知り、大切にしている気持ちは、モノを介して通わせる事ができるのだなと感じました。
そんな体験ができるのも、伝統を繋ぎながらそれぞれの時代のライフスタイルに寄り添い続けてきた、フェイラーならではなのだと思いました」


『ビューティフルハーモニー』
ポーチ (ベージュ)約15×20cm税込3,520円(5月中旬発売予定)
スポーツタオル(ペールブルー) 約50×100cm 税込13,200円 (6月頃発売予定)
ハンカチ(ベージュ) 約25×25cm 税込2,420円(6月頃発売予定)


(プロフィール)

田沢美亜
1979年生まれ。日本人の父、オーストラリア人の母のもと、東京下町で育つ。10代よりモデルとして活躍し、アメリカの美術大学にてアパレルを専攻する。
現在はモデルの他、日本の美的感覚を次世代に手渡すと同時に、現代のライフスタイルに合わせた提案を国内外に向けて発信していくユニット「uraku」としても活動中。
uraku HP: http://urakutokyo.com/


衣装
トップス、パンツ/ブルーバード ブルーバード
ピアス・靴/スタイリスト私物

撮影/吉澤健太
ヘア・メーク/小澤麻衣(mod’s hair)
スタイリスト/村山佳世子


  • Twitter
  • LINE

この記事に関するタグ